FC2ブログ
シンセイ建設スタッフがイベント情報や日々感じた事をお伝えします。
色々な色
2009年05月24日 (日) | 編集 |
ここ数年、本屋で色の本がよく目に留まるようになりました。

もともと、大学で油絵を描いていたので色には興味があり、
ついつい買って読んでを繰り返し、現在9冊目を読んでいます。

店頭に並んでいる本も流行で移り変わっていて、
カラーコーディネート→色の名前→色の効果・印象→カラーセラピー(オーラソーマ等)
と、人にどう見せるかから自分の内面へ…という感じを受けます。

色の効果やカラーセラピーについては、どの本も大体同じ事を書いていて、
白・黒・灰色などの無彩色は精神に対してあまり良くないそうです。

白は清潔感があり、心機一転するときにはいいのですが、
光が強すぎてずっと使っていると神経が疲れてしまいます。

黒は高級感や落ち着きがあり、身を守ってくれる色ですが、
光を通さないので、血行が悪くなり心身が重く感じたり、老け込んだりするそうです。

灰色は白と黒が混ざり、刺激が少なく、脳の活動を鈍らせる色で、
怒っている人に謝るときに灰色の服を着ていると、相手を刺激しないので良いそうです。
汚れも目立たないので、街の色々な物や場所に多用されていますが、
灰色の空間にいると、惨めな気持ちになったり、どこか気分がモヤモヤしたり、
沈んだ気持ちになりやすいそうです。

ただ、その時々の直感で、好きな色や気持ち良い色が一番心身に良いそうで、
惹かれる色があったら、身につけたり、身近に置いたりすると良いそうです。

私は白と黒が大好きなので、ダメなのかと心配してましたが…よかった。


(白も黒も、生成りや濃いこげ茶みたいに、他の色味が混じれば良いみたいです。)



スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック