FC2ブログ
シンセイ建設スタッフがイベント情報や日々感じた事をお伝えします。
防災
2009年06月04日 (木) | 編集 |
 皆様こんにちは。
本日は常務の深谷が、防災関係で
普通救命講習についてお話させて
頂きたいと思います


 先月24日(日)に当社向いにあります共長公民館にて、
普通救命講習を実施しました。
当初は20数名位の方の参加予定でしたが、
間近に追加もあり、又当日参加もありで、結果的に
38名もの規模になりました。
お借りしていた和室では手狭になり、急遽2階ホール利用者の方に
変わって頂き助かりました。ありがとうございます

 講習は人形を使い、①反応を確認する(反応なし)
                     ↓
              ②助けを呼ぶ(119番通報とAED手配)
                     ↓
              ③気道の確保と呼吸確認
                     ↓
              ④正常な呼吸をしているか観察→正常ならOK!
               →していない
                     ↓ 
              ⑤人工呼吸2回(省略可能)
                     ↓
              ⑥⑦胸骨圧迫30回(約100回/分)と、人工呼吸2回
                 の組み合わせを繰り返す
                     ↓
              ⑧AED到着(電源を入れ、電極パット装着)
                     ↓
              ⑨心電図の解析、電気ショックは必要か?→必要なしならOK!
               →必要あり
                     ↓
              ⑩電気ショック1回
                     ↓
              ⑪その後直ちに胸骨圧迫と、人工呼吸を再開
               5サイクル(約2分間)
                     ↓
              ⑫救急車到着→引継ぎ(内容伝達)

 いづれにしても心臓や、呼吸が突然止まってしまった人の命を救うには、
ただ見ているだけではなく、救急車が到着するまでに 
              ①早い通報
              ②早い応急手当
              ③早い救急処置
              ④早い救命医療
              それが、救命のリレーとなります。


 素早い対応が、社会復帰にも繋がると、
講師(消防署職員)の方からも説明がありました。
もちろん、何の心構えも無く、突然目の前で人が倒れてしまったら、
戸惑うのは当然です。しかし一度でも練習しておけば、
そしてちょっとした勇気さえあれば、人の命を救うための手助けは
誰にでもできます。(応急手当講習テキストを参照)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック